若い人にも意外に多い!腰椎椎間板ヘルニアの対処療法から手術まで

先生

痛みは少ない

腰痛の女性

鼠径ヘルニアは脱腸の名で知られている腸が太ももや下腹部にはみ出してくる病気です。患者の大半は男性ですが女性の患者もいます。鼠径ヘルニアの治療には腹腔鏡手術や鼠蹊部を切開する手術があります。腹腔鏡手術は傷も小さく痛みも少ないが麻酔に時間がかかります。鼠蹊部切開は痛み止めが必要ですが麻酔は浅いです。

Read More...

評判の良い病院を探す

病室

城東区にある内科を受診するときには、インターネットで検索すると、実際に受診した人の評価を確認することができます。病院の規模も様々で、診察スタイルも医師によって違います。そのため、自分の好みの病院を見つけるようにします。

Read More...

若い人にも意外に多い

医院によって適切な対策方法は異なります。腰椎椎間板ヘルニアの治療を進めて痛みを解消しておこう。多くの対策方法が展開されています。

下半身への負荷が原因

腰痛の女性

腰椎椎間板ヘルニアは、背骨の一つ一つの骨である椎骨と椎骨との間にある椎間板の内部の髄核という柔らかい部分が外へはみ出してしまうという病気です。椎間板の髄核がはみ出すとそれが神経に当たってしまうため痛みが生じます。人間は哺乳類の中でも二足だけで歩行する動物であるため、下半身に負荷がかかりやすいことから腰椎椎間板ヘルニアが起こるといわれています。腰椎椎間板ヘルニアが起こるきっかけの多くは運動や何かの動作によって無理な力が椎間板にかかるということです。しかし中には遺伝的な要因で発症する人もいます。腰椎椎間板ヘルニア自体が遺伝するというわけではありませんが、骨の形状や運動神経などには遺伝的な要因が関わっているためです。高齢になるとかかりやすいと思われがちですが、無理な運動や動作をしやすい若者から中年世代に多く見られます。

対症療法から手術まで

腰椎椎間板ヘルニアになったら手術しなくてはならないと思っている人もいますが、中には自然に治る人もいるので多くの場合はまず対症療法によって様子を見ます。椎間板の中にある髄核のはみ出し方にもよりますが、白血球の1種で異物を捕食するマクロファージという細胞がはみ出した髄核を食べると自然に治ることがあるのです。ただ、そのような場合でもすっかり治るまでには2ヶ月くらいかかることもあります。完全に治るまでは無理な動きをしないように注意することが大切です。自然治癒の場合でも痛みに対処する必要があるため、内服薬などを使った薬物治療によって痛みを鎮めます。この薬物治療には消炎鎮痛剤のほかに筋弛緩剤が用いられることもあります。内服薬による治療だけで痛みが緩和しないときは、注射を使って神経ブロック治療を行います。症状が特に重い場合や緊急性が高いときには手術が行われます。最近は内視鏡を使って安全性の高い手術が行えるようになっています。

利用しやすいクリニック

待合室

新宿で人気の内科クリニックとは、職場から気軽に行きやすいアクセスのよい立地にあることや、予約をせずにすぐ診てもらうことができるクリニックが人気です。今後は朝早くや夜遅くなど仕事の前後に診てもらうことができるクリニックが増えると考えられ、待ち時間の軽減などの取り組みが強化されると考えられます。

Read More...

Copyright © 2015 若い人にも意外に多い!腰椎椎間板ヘルニアの対処療法から手術まで All Rights Reserved.